年齢肌に悩むならオールインワンジェル 理由のひとつ〇〇が対策できる

年齢肌に悩んでいる人は、きっと諦めきれずに「どうにかして年齢肌に打ち勝ちたい」と思っているはずです。もし、生活習慣を変えて改善ができるならいいように思います。

年齢肌の症状として、シミやしわ、たるみ、くすみ、毛穴、乾燥などが挙げられます。そしてこの原因の中に「摩擦」が入っています。年齢肌原因はかなり多いので、摩擦「さえ」改善できればいいものではありません。ただ、摩擦をなくすことで年齢肌を多少は良くすることができるとされています。

(年齢肌の原因)
・ターンオーバーが乱れる
・紫外線を浴びてメラニンが生成される
・皮脂の酸化
・肌の摩擦
・ストレスで活性酸素が増える
・飲み過ぎ
・喫煙習慣
・ビタミン・ミネラルなど栄養不足によるもの
・肌の糖化
・遺伝的なもの(そばかす)
・ニキビのように炎症が沈着したもの
・女性ホルモンの乱れ

多くの理由の中で、そばかすのように遺伝的なものだとレーザー治療などで治療しなくては改善できません。そして、この中で、自分自身で変えていけるものもあります。
遺伝的なそばかすもレーザー治療などで薄くしていくことができます。また、年齢肌になりやすい体質もあります。しかし、努力することで肌状態をよくしていくことは不可能ではありません。

・飲み過ぎ
・喫煙習慣
・ビタミン・ミネラルなどの栄養不足
・肌の摩擦

生活習慣を変えるだけで肌ツヤがよくなるのなら、積極的に取り組んでいきたいものです。

そして、上の摩擦を減らすのにいいとされるのが、オールインワンジェルをスキンケアに取り入れていくことです。

摩擦を減らすため、スキンケアで工夫できることはたくさんあります。クレンジングの時間を短く手早くする、クレンジングを何種類か使い分けるといったこともそうです。

年齢肌の原因になる「肌に刺激を与えない」だけでなく「栄養分を肌に補給」するのにぴったりなのがオールインワンジェル。普通に肌に塗るだけじゃなく、厚めに塗ってお風呂に入り、パックのようにしても使うことができます。

オールインワンジェルを買う時に、口コミも参考にしたいものですが、大切なのは「いい評価も悪い評価」もきちんと書いてあること。例えば、トリニティーラインの評判は、比較的「合わなかった」声も書いてあります。

化粧品は、その人が乾燥肌なのか、脂性肌なのか、年齢肌でもシミに悩んでいる、たるみに悩んでいると悩みが違います。どういった肌質の人に合ったかを見ていくことで、自分自身の肌にも合うかがわかります。

 

しみそばかすの原因メラニン!泡パックで摩擦レスの肌に

年齢肌の悩みとして多くの人が悩んでいるしみの原因はメラニンです。メラニンといって一番イメージされるのが紫外線です。紫外線を浴びることで肌の奥でメラニンが作られます。

メラニンはチロシンと呼ばれる物質がチロシナーゼと呼ばれる酵素に反応し、できる色素のことです。メラニンは、若い頃は作られたとしてもターンオーバーが正常に行われていると体外に排出されていき、シミにはなりません。シミができることはなかった肌ですが、年齢肌になると正常なターンオーバーが行われなくなります。そしてシミが出現していきます。

日焼け止めを塗っていても、目から紫外線が入ってきたり、紫外線以外の影響でメラニン色素が生成されることがあります。

毎日のケアが大切?メラニン生成を防ぐ

1年中日焼け止めをしてメラニン生成を防ぐようにしていても、目から紫外線が入ってくるものです。そのため、サングラスや帽子で目からの紫外線を防ぎます。また、精神的なストレスを抱えている、食生活が乱れがちな人、睡眠不足の状態といった生活習慣でもメラニンが生成されやすいです。

また、肌への摩擦や刺激といった皮膚刺激でもメラニンが発生します。そのため、メラニン生成を防ぐためにいくつかの方法を組み合わせていくと効率的になります。

・日焼け止めを1年中塗る
・UV効果のあるカーディガンを着る
・サングラス(目からの紫外線を防ぐ)
・規則正しい生活をする(ストレスをなくし、食生活の乱れ、睡眠不足を解消する)
・洗顔やメイク落としで擦りすぎない

摩擦を生じさせないために毎日できることとして挙げられるのが、泡パックです。これは毛穴汚れの予防もできます。毎日取り入れられる方法で、洗顔料を使うのでわざわざパックを購入する必要はありません。「洗顔料を泡立ててパックをする」ことで毛穴汚れを取り除き、摩擦なし洗顔をすることができます。

泡パックのやりかた

①泡立てネットや泡立て器を使い、泡を作る
②頬を中心に顔に泡を乗せる
おでこ、小鼻周辺、あごにも泡を乗せる。余った泡はデコルテにも乗せる
③30~1分ほどそのまま置いて泡パックをする
気になる部位(小鼻横、あごはらせんを描くようになじませてもOK)
④30~35度のぬるま湯(または水)でしっかりと泡を洗い流す

ポイントは洗顔料をしっかり泡立てること。そして乗せたらこすらないこと。

これは洗顔料で行うことができて、こするかわりに「泡を置いておく」だけでいいのが楽ちんです。いつものお風呂時間で、身体を洗う時についでに泡パックをしてしまっても構いません。