年齢肌のシミに効果的な成分は?それぞれの違いとおすすめは?

年齢肌に悩んでいると、とりあえず高級な化粧品を買っておくことでしみにも効果的なような気がします。ブランド名や製品名だけで年齢肌化粧品を選んでいるのなら「成分」にこだわることをおすすめします。いくつかの製品を使っていくうちに自分にどういった成分が合っているのかがわかるようになってきます。

シミに効果的な成分は……

ビタミンC誘導体
ビタミンCを肌に吸収しやすい状態にした成分です。肌の奥に浸透し、メラニン抑制をします。

アルブチン
ドラッグストアに売っている医薬部外品にも含まれている成分で、副作用が少ない成分です。即効性はないものの肌トラブルも目立ってないので長期間の使用ができます。ハイドロキノン誘導体とも言われます。

コウジ酸
日本酒を作る人の手がキレイだったことから注目された成分です。独特の香りや人によってはピリッとした感触を感じることもあります。

トラネキサム酸
元は止血剤として使われてきた成分です。抗炎症作用があります。皮膚科に行くとニキビ跡治療として処方されることがあります。メラノサイト活動を抑制することができ、できたシミを薄くする効果も期待できます。

ハイドロキノン
イチゴに含まれている天然成分で、メラニン還元作用があります。できたしみにも効果がありますが、「肌の漂白剤」とも言われるほど強力です。使用する前はパッチテストを行いましょう。間違って使用することで白斑になってしまうことがあります。

また、上以外には資生堂のHAKU→4MSK、SKⅡ→ピテラに代表されるような独自に研究された美白成分もあります。

 

自分に合ったシミ製品の選び方は

ブランドや製品名ではなくて、裏面に書かれている成分名まで見てチェックをして使うことで、どの成分が自分の肌に合っているのかがわかります。

ビタミンC誘導体、アルブチンは値段の安い製品にも配合されていますが、いまいち効果が劇的には表れにくいです。また、ハイドロキノンは即効性がありますが、白斑のように肌トラブルが起こることもあります。

製品は医薬部外品を選ぶのもポイントです。薬事法で、医薬品、医薬部外品、化粧品に分けられます。一般的に、美白有効成分が配合されている製品は、「化粧品ではなくて医薬部外品」に分類されます。

化粧品よりも効果が顕著に表れるものが医薬部外品で、厚生労働省が認めた効果や効能が有効な成分が配合されています。しみを予防する、にきびを防ぐといった効果の表示ができます。上で挙げた、美白に効果的といわれる「美白有効成分」を配合していると医薬部外品であることが多いです。

しみそばかすの原因メラニン!泡パックで摩擦レスの肌に

年齢肌の悩みとして多くの人が悩んでいるしみの原因はメラニンです。メラニンといって一番イメージされるのが紫外線です。紫外線を浴びることで肌の奥でメラニンが作られます。

メラニンはチロシンと呼ばれる物質がチロシナーゼと呼ばれる酵素に反応し、できる色素のことです。メラニンは、若い頃は作られたとしてもターンオーバーが正常に行われていると体外に排出されていき、シミにはなりません。シミができることはなかった肌ですが、年齢肌になると正常なターンオーバーが行われなくなります。そしてシミが出現していきます。

日焼け止めを塗っていても、目から紫外線が入ってきたり、紫外線以外の影響でメラニン色素が生成されることがあります。

毎日のケアが大切?メラニン生成を防ぐ

1年中日焼け止めをしてメラニン生成を防ぐようにしていても、目から紫外線が入ってくるものです。そのため、サングラスや帽子で目からの紫外線を防ぎます。また、精神的なストレスを抱えている、食生活が乱れがちな人、睡眠不足の状態といった生活習慣でもメラニンが生成されやすいです。

また、肌への摩擦や刺激といった皮膚刺激でもメラニンが発生します。そのため、メラニン生成を防ぐためにいくつかの方法を組み合わせていくと効率的になります。

・日焼け止めを1年中塗る
・UV効果のあるカーディガンを着る
・サングラス(目からの紫外線を防ぐ)
・規則正しい生活をする(ストレスをなくし、食生活の乱れ、睡眠不足を解消する)
・洗顔やメイク落としで擦りすぎない

摩擦を生じさせないために毎日できることとして挙げられるのが、泡パックです。これは毛穴汚れの予防もできます。毎日取り入れられる方法で、洗顔料を使うのでわざわざパックを購入する必要はありません。「洗顔料を泡立ててパックをする」ことで毛穴汚れを取り除き、摩擦なし洗顔をすることができます。

泡パックのやりかた

①泡立てネットや泡立て器を使い、泡を作る
②頬を中心に顔に泡を乗せる
おでこ、小鼻周辺、あごにも泡を乗せる。余った泡はデコルテにも乗せる
③30~1分ほどそのまま置いて泡パックをする
気になる部位(小鼻横、あごはらせんを描くようになじませてもOK)
④30~35度のぬるま湯(または水)でしっかりと泡を洗い流す

ポイントは洗顔料をしっかり泡立てること。そして乗せたらこすらないこと。

これは洗顔料で行うことができて、こするかわりに「泡を置いておく」だけでいいのが楽ちんです。いつものお風呂時間で、身体を洗う時についでに泡パックをしてしまっても構いません。

日焼け止めが大切 年齢肌化粧品と併用して行いたい!

年齢肌に大きなかかわりがあるのが紫外線です。紫外線は、太陽光の中にある「光線」。日焼けをすることでシミが表れたりすることはなんとなく理解はされていますが、紫外線とは何か、肌にとってどういった悪影響があるのかわかっていない人も多いです。

紫外線の多い季節は?

紫外線が多い時期は、夏といいたいところですが「1年中強い」です。冬でも雪が降っている地域では雪の白さがレフ板のように紫外線を反射させ、顔や身体に届いてしまうこともあります。また、紫外線には、UVAとUVBの2つの種類が存在していて、それぞれのピーク時も違います。

UVA(紫外線A波)……
1年を通して注意すべき紫外線です。4月から8月がピークを迎える時期です。そして、ピークの時以外も1/2程度の量があるのが特徴なので、冬の時期でも日焼け止めで予防していく必要があります。

UVB(紫外線B波)……
春~秋が一番ピークを迎えます。そして、1年間で差があります。4月から少しずつ増えていき、5月から8月が一番多いです。

紫外線が強いのは真夏のイメージですが、UVAもUVBも4月頃から増えていきます。UVAに至っては、4月~8月のピーク以外でも降り注いでいるため、夏以外の秋や春も日焼け対策をしなくてはいけないことがわかります。

紫外線は、多く浴びすぎることで皮膚がんの影響にもなります。紫外線は目からも入ってきていて、核膜にダメージを与えて白内障の原因とされることもあります。

そして、年齢肌については、しわ、シミの大きな原因となることが確認されています。目の周囲は皮膚も薄く表情ジワ、ちりめんジワが生じやすく、紫外線ダメージで肌老化が加速します。シミは紫外線によるメラニンが肌に蓄積していき、肌に表れてしまったシミはレーザー治療などをしないと消え去ることが難しくなります。

老化を抑えるために一番必要なのは「予防」。効果的なのは日焼け止めを塗ることです。紫外線ピーク時はもちろん、1年中使ってください。オフシーズンの時はSPF値が低いものを使ってもいいでしょう。難しいかもしれませんが、化粧水、乳液ついでに毎日スキンケアの流れで対策していきます。面倒な人は日焼け止め成分の入った乳液を利用すると簡単です。もちろん、日焼け止め以外での紫外線対策もおすすめです。薄手のカーディガンや帽子、日傘を使ったり、日焼け止めではカバーできない目はサングラスで対策をしましょう。