「ブースター」とは? 加齢肌のスキンケアは1アイテム追加で

年齢肌は年を重ねることで起こりますが、人によっては悩みが全くなさそうな人だっています。それに対して、これまで柔らかいお餅のような肌だったのが、化粧水をつけても浸透しにくい肌になってしまうこともあります。そうなると、いくら高級化粧品をつけてもムダな結果に終わることも……。

年齢肌で、スキンケア製品の浸透が悪いと思っているのなら、導入液、いわゆるブースターを追加利用してみることを提案します。

ブースターとは何?

ブースターは、化粧水の前に使うスキンケア製品のことです。英語表記では「booster」。boosterの意味としては、後押しする人、後援者、テレビやラジオのアンテナ入力を増幅する機械、薬の効能促進剤。ここでは”化粧品の導入を高めるもの”としての位置づけです。

プレ化粧水、導入液とも言われているブースターは化粧水が多いですが、製品によっては美容液を化粧水の前に使うメーカーもあります。スキンケアの前に使うことで、以後に使う化粧品の美容成分を肌に浸透させやすくします。

化粧水タイプのブースターにも「スプレータイプ(ミストタイプ)」、「ボトルに入ったもの」があります。

スプレータイプのブースターだと、スプレー缶に入っていてヘアスプレーのような形状です。お風呂上がりの顔全体にミストをするだけ。炭酸水が使われているものだと、肌の血行をよくして次に使う化粧品の導入を高めます。

ボトルに入ったブースターは、コットンにたっぷり取って使うことが多いです。いわゆるふき取り化粧水として売られているものも多く、たっぷり使うことでコットンに汚れがつくこともあります。

おすすめのブースターは……

ミストタイプ、化粧水タイプの商品は、1000円以下のものからもあります。1アイテム追加をして1週間ほど続けてみて肌調子の変化を実感してみましょう。

アベンヌ アベンヌウォーター 50g700円、150g1500円(@コスメ調べ)
エビアン フェイシャルスプレー 50g630円、150g1150円(@コスメ調べ)

無印良品 導入液 200ml 1290円
クラリファイングローション2 100ml2500円、200ml3400円

1アイテム追加でケアだと大変なような気がしますが、ミスト化粧水は15秒くらい顔全体にミストすればいいだけなので、お風呂に置いておいて最後にケアするようなケア方法でも構いません。毎日行うのが理想的ですが、休日だけ特別なケアとして実践してみることもいいでしょう。