日焼け止めが大切 年齢肌化粧品と併用して行いたい!

年齢肌に大きなかかわりがあるのが紫外線です。紫外線は、太陽光の中にある「光線」。日焼けをすることでシミが表れたりすることはなんとなく理解はされていますが、紫外線とは何か、肌にとってどういった悪影響があるのかわかっていない人も多いです。

紫外線の多い季節は?

紫外線が多い時期は、夏といいたいところですが「1年中強い」です。冬でも雪が降っている地域では雪の白さがレフ板のように紫外線を反射させ、顔や身体に届いてしまうこともあります。また、紫外線には、UVAとUVBの2つの種類が存在していて、それぞれのピーク時も違います。

UVA(紫外線A波)……
1年を通して注意すべき紫外線です。4月から8月がピークを迎える時期です。そして、ピークの時以外も1/2程度の量があるのが特徴なので、冬の時期でも日焼け止めで予防していく必要があります。

UVB(紫外線B波)……
春~秋が一番ピークを迎えます。そして、1年間で差があります。4月から少しずつ増えていき、5月から8月が一番多いです。

紫外線が強いのは真夏のイメージですが、UVAもUVBも4月頃から増えていきます。UVAに至っては、4月~8月のピーク以外でも降り注いでいるため、夏以外の秋や春も日焼け対策をしなくてはいけないことがわかります。

紫外線は、多く浴びすぎることで皮膚がんの影響にもなります。紫外線は目からも入ってきていて、核膜にダメージを与えて白内障の原因とされることもあります。

そして、年齢肌については、しわ、シミの大きな原因となることが確認されています。目の周囲は皮膚も薄く表情ジワ、ちりめんジワが生じやすく、紫外線ダメージで肌老化が加速します。シミは紫外線によるメラニンが肌に蓄積していき、肌に表れてしまったシミはレーザー治療などをしないと消え去ることが難しくなります。

老化を抑えるために一番必要なのは「予防」。効果的なのは日焼け止めを塗ることです。紫外線ピーク時はもちろん、1年中使ってください。オフシーズンの時はSPF値が低いものを使ってもいいでしょう。難しいかもしれませんが、化粧水、乳液ついでに毎日スキンケアの流れで対策していきます。面倒な人は日焼け止め成分の入った乳液を利用すると簡単です。もちろん、日焼け止め以外での紫外線対策もおすすめです。薄手のカーディガンや帽子、日傘を使ったり、日焼け止めではカバーできない目はサングラスで対策をしましょう。